入院について

病棟のご案内

外来精神科・SRC

病棟や地域と連携し、入院前から退院後まで継続した治療と看護を提供しています。

利用される方が、安心して治療をうけられるような環境に配慮しています。

1病棟
認知症治療病棟
52床

認知症による急性期症状で周辺症状が激しく、在宅や施設での生活が困難となった方の早期退院を目指し、入院による医療と援助を提供しています。

生き生きとした表情を取り戻し、自立度の高い生活を送ることを目指します。ユニットケアを取り入れ、家庭的雰囲気の中で患者様に寄り添う看護を実践しています。

2病棟
身体合併症病棟
60床

身体疾患を合併した高齢者の治療を行う病棟です。

対象を総合的に捉え、身体管理を中心とし、ADLの回復とQOLの向上を目指した治療・看護を行います。

内科医との連携を取り、専門的な治療を提供しています。

3病棟
認知症慢性期病棟
60床

認知症によるADLの低下、加齢に伴う合併症などのために、やや長期的な療養が必要な方を対象とし、日常生活動作を行う中でのADL訓練・向上を目指したケア・介護や生活機能回復訓練を行っています。

また、ユニットケアを取り入れ、個別看護を実践しています。

5病棟
慢性期病棟(隔離室あり)
66床

精神状態の改善が困難で、退院や社会復帰を阻害する要因が多いため、入院を継続されている慢性期の方を受け入れています。

行動制限の最小化に努め、レクリエーションなどを通して、身体機能や活動性、日常動作能力を高めることを主眼に置いてケアを行い、集団生活機能の訓練・指導をしています。

7病棟
高齢者精神療養病棟
53床

精神疾患のため長期療養しており、高齢化し、ADLレベルが低下している方に、個々のペースとQOLに注目した身体的ケア及び日常生活の援助を行っています。

8病棟
精神科急性期治療
病棟(隔離室あり)
34床

精神科急性期症状のある新規入院の方を受け入れる病棟です。

全室個室で、発達段階を基本としたゾーンでの治療環境の中で短期入院治療を目指し、他職種が関わり、集団療法を中心に治療プログラムを設定しています。

個別性を重視し、セルフケア看護モデルに沿った看護援助を行い、退院後のフォロー体制・継続看護に重点を置いています。

9病棟
退院支援精神療養
病棟(開放)
51床

急性期・慢性期にかかわらず、比較的早期に退院が予測される方への退院支援を行う病棟です。長期入院の方も多く、退院先も多様なので、個人に合わせたプログラムとクリニカルパスで支援しています。

ケースカンファレンスを積み重ね、他職種・家族との連携を図り、退院促進に努めています。

10病棟
亜急性期病棟
(隔離室あり)
70床

隔離室では急性期症状の改善、閉鎖病室では退院や自立に向けた支援を中心に、症状に応じた個別対応を行います。

行動制限の最小化に努め、開放処遇や私物の自己管理を積極的に勧めています。

PAGE TOP