専門療法

理学療法

理学療法は、疼痛からの緩解、循環の改善、障害の防止と軽減および筋力・可動性・協調性など最大限に回復することを目的として、医師の指示のもとに、様々な障害を持った方に対しての評価を行い、運動療法や物理療法を施行します。

運動療法

運動療法

関節可動域・筋力増強・伸張・協調運動、神経生理学的アプローチ、各種治療体操

身体機能の評価を行い、痛みの部位や動作の妨げとなっている部位をしっかりと判別した上で、患者様の状態に合わせた治療プログラムを提供しています。個別での運動を行い、動作の能力を高めます。

物理療法

物理療法

温熱・水治・寒冷・電気・光線・超音波・牽引療法

患部を温めたり電気刺激を加えたり、牽引したりすることで、痛みを和らげ、関節を動かしやすくすることができます。当院ではそんな治療を、様々な機器(極超短波治療器、中周波・低周波治療器・首や腰の牽引機器など)を使用して、患者様の状態・症状に合わせて提供しております。

家屋改造や補助具のアドバイス

義肢装具士と一緒に患者様の状態を評価した上で、患者様にフィットする装具を提供しております。装具を作成することで、より早期に歩く訓練ができたり、痛みのない生活ができたりします。

器具・設備紹介

牽引療法器

牽引療法器

首(頸椎)または腰(腰椎)を引っ張る物理療法の一種です。

首や腰を引っ張ることにより、狭くなった背骨の隙間を広げ、骨同士の圧迫を軽減させたり、ずれを矯正します。

ホットパック

ホットパック

温熱療法の一種です。

患部に当て温めることで血行を促進する効果を与えることができます。

打撲や捻挫、関節痛、リウマチ、筋肉痛、腱鞘炎などの痛みを和らげたり、血行を改善したり、肩こりの解消などにも利用することができます。

スタッフより

氏平 大輔うじひら だいすけ

お気軽にご相談ください

精神科患者様においても身体面の管理は非常に重要になります。「何かしようとした時に、思うように身体が動かない」、「歩くときにふらついてしまう」など感じることはありませんか?また、脳梗塞を発症されたり、骨折を受傷される患者様も少なくありません。リハビリでは、患者様の症状に合わせた訓練を実施し、毎日を楽しく過ごせるように、患者様と一緒にリハビリに取り組んでいます。

お問い合わせは...地域医療連携室まで

Tel.086-252-1231(代)

受付時間:8時30分~17時00分

※月~土曜日(祝日を除く)

PAGE TOP